Thank you always(みつ先生のブログ)

スポーツファクトリースキップの末光です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

令和3年度 みつ先生担当レッスン

□体育教室、運動療育教室、パルクール教室(可児市 下恵土地区センター)
□プレジャートレーニングクラブ(体育)、パルクール教室(スキップ名古屋本部)

各教室の日程、時間等について↓
https://www.sf-skip.com/classroom/index.htm

体験レッスン、見学、各相談等、お問い合わせは下記URLよりお願いいたします。
https://www.sf-skip.com/order/lesson-form.htm

原点ですよね。

先日から読み始めた国語辞典。自分なりに楽しんでいます。今日はその一つです。

休日には、子どもとあそぶこと。(ときにはお仕事の疲れが残っている日もあります・・。)

就寝前に、絵本の読み聞かせ。(自分も眠たくなってくる・・。)

食事の際に、「いやー!」と苦手な食べ物を食べずに、(どうしよう・・と思いつつ)
「これだけ食べてね!」と、言ってみること。(叱ってしまい、後々反省することも・・。)

日常生活を送る中で不安になる時もありますが、毎日のやりとりの中で必ず愛育できていると、自分自身を認めていきたいです。

愛育→愛情を持って子どもを育てること。


 

ホコリをかぶっていた辞書。

昨年度大きく変わったことは、レッスン中のマスク着用。子ども達に表情で伝えることができなくなり、「どうしようか・・」と考える時間が多かった気がします。例えば、説明の際には動作を大きくする。目元の表情の練習をする。など。(鏡を見てやりましたね・・。)

色々なことを意識していく中で「言葉」で伝える難しさを、今一番感じています。

以前も取り組んだ「辞書を読む」こと。正直なところ続きませんでした。読み方も分からず、「へえ〜」で終わってしまうこと。「読むからには、やるぞ!」とやる気だけ大きくなっていました。

そして今年度が始まり、ホコリをかぶっていた辞書を出してきました。DSC_1185
 
今回は「気を楽にして読むこと」「日にちやページ数を決めないこと」を意識して読み始めています。
気に留めた言葉を、自分なりに解釈してつぶやいて、子ども達にもアウトプットできたら良いなと思っています。 

 

バク転、ブレイブボード Wレッスン

3月29日、30日、31日と、スキップ春休みイベントを開催いたしました。今までも人気講座のバク転レッスン。今回初めて取り入れたブレイブボードレッスン。と、Wで行いました。

どちらも達也先生主導の元、私が担当している会員様も普段と違ったアプローチを感じながら、とても真剣に取り組んでいました。イベントでは、スキップスタッフがランダムで担当するので色々な先生と触れ合うことができます。これがスキップイベントの良いところでもあります。

↓バク転レッスンは、「必ずできるようになる」アプローチではなく、バク転を習得するための必要なプレジャートレーニングを行いました。

DSC_1117

↓ブレイブボードレッスンでは、子ども達一人一人に合わせた補助をし、達也先生と一緒に技に挑戦する子もいました。

DSC_1158

今回は、「子ども達、保護者様が求めていること」を意識して計画をしました。今後もスキップならではのイベントを考えていきますね。(岐阜県会員の皆様も、ぜひイベントに参加したい!と思いましたらお知らせくださいね。)

イベント等の詳細等は、今後もスキップのホームページ、みつ先生ブログのチェックお願いいたします!

スキップのパルクールレッスンについて。

スポーツファクトリースキップが行なう「パルクールコース」は、名古屋会場(プレジャーアリーナ)と岐阜可児会場(下恵土地区センター)があります。

最近は有り難いことに問い合わせも多々あり、「SNSなどで動画を見て、憧れて・・・」「かっこいい技がやりたい(教えてほしい)」などの内容をお聞きします。

体験レッスンに参加いただく皆様には、まず最初に「いきなり、SNS等で見ていた内容は行いません。」とお伝えしています。

怪我につながる恐れがあることから、しっかり話や説明を聞き、約束を守ること。基礎を十分に行い習得した上で、応用に取り組むこと。を大前提としています。体験レッスン後に保護者様へスキップが考えるパルクールコースの内容を十分に把握、お子さんの現在の力、今後の展開をしっかりご理解いただき、入会検討のお話をしています。

決してハイレベルな内容で、技を習得するだけのレッスンではありません。体育レッスン同様にスキップが考えるプレジャートレーニングを十分に取り入れて、レッスンを進めています。 

現在レッスンは春休み期間ですが、4月も名古屋会場、岐阜可児会場ともに、たくさんの子ども達とレッスンできることを楽しみにしています。

スキップのレッスンは、「体操、体育、運動」だけを教えるだけの集団ではありません。

最近の問い合わせとして多いことが、「子どもがやりたいと言ったので、体験に来ました。」と、お子さんの言葉を尊重している保護者様が多くみえます。

ただ、レッスンを行っていく上で、目的のことだけを行ったり、楽しいことばかりではありません。
タイトルにも長く書きましたが、スキップは「体操、体育、運動」だけを教える集団ではありません。

時には初めて行う内容に対して「難しい、できない」を感じて、壁にぶつかることもあります。 グループレッスンの場合は、お友達とコミュニケーションをとる場面も必ずあります。

レッスン中も、その色々な場面で子ども達とやり取りをして、立ち直る力、挑戦する気持ち、子ども達の心の部分も大切に見守っていきます。決して体育、体操、運動を教えるだけのレッスンではなく、子ども達、保護者様にとって「長くいて、安心できる場所」を意識しています。

楽しい、厳しい、難しい、おもしろいなどを経験して、お子さんの今後の生活に反映できるように。

スキップのレッスンには、言葉で表せないくらいお伝えしたいことがあります。気になる皆様、有難いことに3月現在でキャンセル待ちの会場、コースもありますので、一度ご確認いただき弊社ホームページよりぜひ問い合わせお待ちしています。



 
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ