Thank you always

スポーツファクトリースキップの末光です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

令和2年度 みつ先生が担当する教室↓
□体育教室(可児市 下恵土地区センター)
水曜日16:10~17:10

□運動療育教室、パルクール教室(可児市 下恵土地区センター)
水曜日17:10~18:00(運動療育コース) 18:00~19:00(パルクールコース)

□プレジャートレーニングクラブ(体育)、パルクール教室(スキップ名古屋本部)
金曜日16:00〜17:00(幼児コース) 17:15〜18:15(児童コース) 18:30〜19:30(パルクールコース)

「礼」

本年もどうぞよろしくお願い致します。不定期ではありますが、ブログを通してお伝えしたいことを書いていきます。いつもありがとうございます。

保育園レッスンが終わり、次のレッスン会場へ向かう途中の心温まる出来事。

ある交差点を左折する際に、集団下校時の小学生グループが横断歩道を渡っていきました。私も横断歩道からしっかり距離を取り、右手を上げて歩く子ども達が横断するのを見守っていました。

渡りきったのを見届け、後方も確認してゆっくり左折する、その時。渡りきった小学生グループの子達が、車の方を見て一礼する姿がありました。私も一礼して、車を走らせました。

学校での約束事と思いますが、しっかり実行している子ども達。「礼」は人と人の距離を温かくします。この社会情勢だからこそ、大切にしたいことです。また一つ、子ども達から学ばせていただきました。

2020年 ありがとうございました。

昨日30日をもって、年内の業務が終了しました。
今年はこのような社会情勢となり、テレビやネットニュースを見ても、下を向いてしまうような内容で埋めつくされてしまいました。そんな中、代表からは「やるべきことをやるしかない」と常に前向きの姿勢でスタッフ全員を鼓舞していただき、自分達にできることを日々続けてきました。

何より、レッスンでは必ずマスク着用となり、今年新たに出会った子ども達へ自分の全体の表情を届けることができなくなりました。難しいですが、マスク越しでも、表情を届けることができるように意識しています。今年もたくさんの子ども達と出会えたことに感謝しています。

下を向かずに、上を向く。今年は空を見る回数が多くなったのではないかと自分自身感じています。環境や心境の変化から、今の自分に必要なことを掴みかけたのかなと思っています。

そして、毎年、一生の課題でもある「感謝」の心を持って過ごすことは来年も変わりません。環境、周りの方々、子ども達、保護者様、先生方。いつも本当にありがとうございます。

改めて今年一年ありがとうございました。2021年も、どうぞよろしくお願い致します。

クリスマス会あそび。

今年度も担当する体育教室、パルクール教室にて、年内最後のレッスン日に「クリスマス会あそび」を行いました。
この日は一年の感謝を伝えるとともに、お子様が全力であそぶ、親子で楽しむ、クラブ会員全員が横のつながりを大切にしていただく時間としています。親子レクリエーションあそび、プレゼント交換、フリータイムと、全員が笑顔になっていて、私自身もとても微笑ましい時間でした。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

さて、今日はクリスマスイブ。大人もお子様もわくわくする日ではないでしょうか?私もクリスマスの季節、雰囲気がとても好きです。(なのでクリスマス会あそびを計画したんですよ~)
今はこの社会情勢なので、街を出歩くことはできませんが、イルミネーション、プレゼントを考える際のドキドキ感など、クリスマスならではの感覚が好きです。

皆様も、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

↓プレジャーアリーナ(名古屋)でのクリスマス会の様子です。
私もサンタ衣装で気分を上げています!

Point Blur_20201222_075634

スポーツファクトリースキップ体育教室 可児市教室 新規開講 

スポーツファクトリースキップが運営する教室の新規開講が決定しました。

スキップが考える「プレジャートレーニング」を十分に行い、マット、跳び箱、鉄棒に取り組みます。
また、段階や個々に合わせて、ブリッジ、倒立、三点倒立、バク転(導入から)等にも取り組んでいきます。

□スポーツファクトリースキップ 体育教室

可児教室 (可児市 下恵土地区センター)

□水曜日 16:10~17:10 

□対象 年中さん、年長さん

相談、お問い合わせ等ありましたら、弊社ホームページよりお願い致します。



わが子に身につけてほしい力は・・。

体育教室、運動療育に通うことで、お子様の「運動の力を伸ばしてほしい」ことが根っこの部分にあると思います。そこから各ご家庭の思いとして、「逆上がりを身につけてほしい」、「跳び箱が跳べるようになってほしい」、「体幹を身につけたい」など、木の枝の部分の思いがそれぞれだと考えています。

私が担当するレッスンでは、「運動」に関する力はもちろん、幼児期のお子様には「人の話を聴くこと」を身につけてほしいと願ってレッスンに取り組んでいます。

当レッスン中、説明やアドバイスを聴くときには、体操座り、椅子に座る、などの「話を聴く姿勢」。

先生のお顔を見る、最後まで話を聴くなどの「話を聴く態度」。

これらを意識することで、自分自身の怪我の回避能力、何をするか考える力、聴いたことを実行する力などにつながっていきます。

小学校生活では色々な場面で「話を聴く」時間が増えると思います。わが子に身につけてほしい「運動の力」と同時に、「人の話を聴くこと」も身につけることができるようにアプローチしていきます。


QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ