Thank you always

スポーツファクトリースキップの末光です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

跳び箱あそび。線路歩き。

保育園の体育レッスンにて。天気が良いので、外で行いました。本日は粗大運動。身体をたくさん動かしていきます。本日も跳び箱を使ったプレジャートレーニングを紹介いたします。

Point Blur_20190416_114225














跳び箱をバラバラにして、線路のように並べます。子ども達はその上を歩いたり、手をついて渡っていきます。
上半身のバランス、足裏でのバランス感覚を養っています。
このような環境設定を行うことで、発達支援が必要なお子様でも「駅名」を言いながら歩く様子が見られた子もいます。ぜひ運動療育にも取り入れてみてください。

すべては「あそび力」です。子ども心にかえってあそんでみてほしいと願っています。

跳び箱あそび。跳び方は自由に。

とある体育クラブにて。跳び箱レッスンを行いました。プレジャートレーニングのひとつとして紹介いたします。
2段の跳び箱を3つ置いて、思い思いに跳んでいきます。開脚跳びもOK。乗って跳び下りるのもOKです。

ひとつ、身体を巧みに動かしていくことを目的としています。「跳び箱は開脚跳びをするもの」と考えずに、あそびとして取り入れることがスキップが考えるプレジャートレーニングです。子ども達が思い思いに身体を動かしていくことで、自らのバランス感覚や巧緻性なども養うことができます。そして動きを見たうえで、「こうするともっとかっこいいかもよ?」と私たちがアドバイスしていく。子ども達も無理なく、運動あそびに取り組むことができます。

跳び箱を使ったプレジャートレーニングもまだまだあります。また紹介していきますね。
Point Blur_20190415_193743

やまがたキッズ スタート

昨年度、山県市富岡公民館での親子体操講座「あそび力」の講師を担当致しました。その中で、保護者様より「続けていきたい」との声が上がりました。
そして今年度より、保護者様が立ち上げたサークル「やまがたキッズ」として、活動をすることになりました。
未満児から年長のお子様までを対象として、体育教室を行っています。

本日は第一回目のレッスン。「くぐる」「跳ぶ」「回る」を中心とした粗大運動に取り組みました。
粗大運動をしていくことで、バランス感覚、ボディイメージが身についていきます。
逆上がりをするためには、逆上がりの練習をするだけでは難しい・・・。たくさん身体を動かすことで、色々な動きができるようになってきます。そのためには体験して、チャレンジし続けていくことが大切です。長い時間をかけて見守っていきたいと思いますので、あたたかく見守っていただけたら幸いです。

富岡公民館木村さんはじめ、役員代表の臼井さん、本日はありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
_20190413_135114

鉄棒あそび。蹴り上げ

下恵土地区センター「どりーむ・きっず」体育教室にて。
幼児コースでは、鉄棒に取り組んでいます。前回り降り、逆上がりの前に、鉄棒を使ったあそびをたくさん行っています。
Point Blur_20190412_214418














鉄棒をしっかり握り、足を蹴り上げます。
真ん中にあるマットに乗らないように、着地します。

腕がしっかり曲がっていること、蹴り上げることで、逆上がりへとつなげていきます。


Point Blur_20190412_214510














ジャンプ!果たして着地できたのかな?しっかり腕が曲がっていてきれいですね。

このように、逆上がりにつなげていく運動あそびを取り入れていくことで、自然と身体にしみこませていきます。

今年度もたくさん身体を動かしてがんばろうね。















今日あったことを話す。

保育園での体育レッスン、体操教室、運動療育レッスン。全てのレッスンで、子ども達に「今日みつ先生との体操で何をしたか、お家の人と話してくれるとうれしいな。」と伝えています。

夕食後、入浴時などいつでも良いので、親子の会話のひとつとして、体育レッスンの話題を作ってあげていただけたら幸いです。

そして、お子様が自ら「今日跳び箱をしてね・・・」「鉄棒ではね・・・」と話す姿があれば、たくさん聞いてあげてほしいと思います。褒めるのはもちろんですが、ただただ聞いてあげることで、お子様も一息ついて落ち着いたり、満足するのではないでしょうか。
新年度で慌ただしい毎日を過ごされていると思いますが、お子様の気持ちをリラックスするためにも、ご家庭での会話を絶やさないように、少しでも意識していただけたらと思います。


QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ