Thank you always

スポーツファクトリースキップの末光です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

2019年度 みつ先生が担当する体育教室↓ □スキップこども体育教室(オーキッドパーク内、オーキッドカルチャーセンター) 16:10~17:10(幼児コース) 17:20~18:20(児童コース)

お は な し。

保育園での体育レッスンにて。今朝のテレビで警備員さんの話が特集されていたので、ヒントをいただきました。
「おはなし」を守ること。その内容がピンときたので、少しアレンジして子ども達に伝えました。

「お」→お友達を押さないように。
「は」→走らず、ゆっくり並ぼうね。
「な」→投げない(物、道具など)
「し」→しっかり見る。(話している人を)

どれも基本的なことであり、これから社会に出て生きていく中で必要なことと考えています。
どの文字も大切ですが、「しっかり見る」ことで、表情や言葉の意味も感じられます。スマートフォンの普及で画面を見る時間が多くなりましたが、目をしっかり見て、人との会話を大切にすることも忘れずにいてください。
引き続き、体育指導を通して、子ども達に社会性も伝えていきます。

すぐに実践する。

先日、ある男性美容師の方とお話をする機会がありました。
「研修を自ら探し、受講後はスタッフに落とし込んで、実践しています。」とお聞きしました。

子ども達とのレッスンでも共通しますが、実践して初めて気づきます。
「腕の力が足りないのかな?」「もっとジャンプしようかな」など、考える。そこからまた動いてみる。
繰り返すことで身についてきます。何事も一度に習得することは難しいですからね。
子ども達には、何でもチャレンジする姿勢でいてほしいと願っています。

私も「実践する」ことが日々できているか、改めて考えさせられました。これもチャレンジする気持ちがあってこそだと思います。長谷部さん、いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

趣味もぼちぼち。

私の趣味のひとつでもある、三代目JSB。楽曲、ライブ、カラオケと楽しんでいます。今年も有り難いことに、ライブチケットが当選しました。4年ぶりなので、今から楽しみです。

日々の生活の中で、趣味の時間を大切にしてほしいと思っています。私自身も仕事へのパワーとなっています。
「ハマる」と、奥深さや意味なども知ることができ、さらに興味がわいてきます。

そして今では「色々なものを楽しむ」という「趣味」もあると思います。スポーツ、外出、写真と身近にあるものに触れていくことで、趣味の幅も広がっていきます。

ぜひ会員様の趣味、あそび等も、レッスン前後にお話していただけたらうれしいです。

跳び箱あそび。線路歩き。

保育園の体育レッスンにて。天気が良いので、外で行いました。本日は粗大運動。身体をたくさん動かしていきます。本日も跳び箱を使ったプレジャートレーニングを紹介いたします。

Point Blur_20190416_114225














跳び箱をバラバラにして、線路のように並べます。子ども達はその上を歩いたり、手をついて渡っていきます。
上半身のバランス、足裏でのバランス感覚を養っています。
このような環境設定を行うことで、発達支援が必要なお子様でも「駅名」を言いながら歩く様子が見られた子もいます。ぜひ運動療育にも取り入れてみてください。

すべては「あそび力」です。子ども心にかえってあそんでみてほしいと願っています。

跳び箱あそび。跳び方は自由に。

とある体育クラブにて。跳び箱レッスンを行いました。プレジャートレーニングのひとつとして紹介いたします。
2段の跳び箱を3つ置いて、思い思いに跳んでいきます。開脚跳びもOK。乗って跳び下りるのもOKです。

ひとつ、身体を巧みに動かしていくことを目的としています。「跳び箱は開脚跳びをするもの」と考えずに、あそびとして取り入れることがスキップが考えるプレジャートレーニングです。子ども達が思い思いに身体を動かしていくことで、自らのバランス感覚や巧緻性なども養うことができます。そして動きを見たうえで、「こうするともっとかっこいいかもよ?」と私たちがアドバイスしていく。子ども達も無理なく、運動あそびに取り組むことができます。

跳び箱を使ったプレジャートレーニングもまだまだあります。また紹介していきますね。
Point Blur_20190415_193743
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ