Thank you always(みつ先生のブログ)

スポーツファクトリースキップの、みつ先生です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

ホームページ
https://www.sf-skip.com/

体験レッスン、見学、各相談等、お問い合わせは下記URLよりお願いいたします。
https://www.sf-skip.com/order/lesson-form.htm

「気持ち良い!」

運動療育グループレッスン小学生コースにて、跳び箱を取り組んでいた際のお話。

Rくんが、4段の開脚跳びに成功。 そこで私が「よっしゃー!Rくん、うれしいでしょ!」と言うと、

「いやいや、みつ先生。気持ち良いーーー!だよ!」と。

「おおー!もう1回いこう!」とお話しました。

レッスン中には、担当するレッスン会場の子達に「喜怒哀楽」を常に表現してほしい。と伝えています。 そこに「快感」も入っていることに気付かされました。

確かに何かが成功した際は、うれしい。これは指導者目線、保育者目線、保護者目線なのかもしれません。子ども達にとって、そこに快感がプラスされているか。オリンピックでの有名な名セリフ。「チョー気持ち良い!」は今でも覚えています。 

慌ただしいご時世の今、子ども達の「快感」の部分も大切にして汲みとっていけるように意識していきます。

【快感】何かをし終たり、すばらしい物に接したりした時などに感じる、満ち足りた感じ。
新明解国語辞典より引用。

「温かく見守る」こと。

昨年は当ブログに訪問していただき、ありがとうございました。本年もぼちぼちの更新となりますが、どうぞよろしくお願い致します。

さて、新年1発目のブログですが、子ども達を「温かく見守る」とは?について書いていきます。 

私が考える「温かく見守る」ことは、子ども達の行動、言動をまずは汲み取ること。

例えば、運動療育グループレッスンで鉄棒を取り組んでいる。Aくん並んでいるところを、Bくんが順番を抜かして並んだ。Aくんは「Bくんがぬかしてきた〜。」と先生に話す。 そこで先生、保育者、指導者はAくん、Bくんにどのような声掛けをしますか?

答えはありませんが、ここでBくんに「順番抜かしたらダメだよ。Aくんの後ろに並ぶんだよ。」と伝えるのも一つと思います。

私はこの場面で、上記の対応はせずにいます。その時Aくんはどのような対応をしたのか。Bくんはどんな表情をしていたのか。他の子達の動きはどうだったか?を観察します。その後、Aくん、Bくんに声掛けをします。

一つの場面を全て先生、指導者、保育者がまとめてしまうことで、また同じような場面が発生するかもしれません。これが繰り返されることによって、先生側もすぐに注意をする。子ども達も注意、叱られることに慣れてしまうことも考えられます。

もちろん、人を叩く、危険な行為、人としてしてはいけないことなどはその場で厳しく叱ります。私がレッスンに取り入れている「温かく見守る」指導スタイル。とても時間は掛かりますが、子ども達一人一人と真剣に向き合わさせていただき、子ども達自身で考えること、頑張ること、気をつけることなどを理解していきます。

先生側としても、注意する、叱る際の大きなパワーを使わずに、その分楽しいレッスン内容、声掛けに力を注ぐことができます。 現在、運動療育グループレッスンに通っていただいている子ども達も、楽しむ時間、穏やかな時間を過ごしてレッスンに取り組んでいます。(あ、私とやりとりすることもたくさんありますよ。0ではないので・・。)

今年度は岐阜県岐阜市、岐阜県可児市、プレジャーアリーナ名古屋個人レッスンにて主に運動療育レッスンを担当させていただいています。有り難いことに満員間近の会場もありますので、気になる皆様、弊社ホームページ内より問合せお待ちしています。 

最近は「みつ先生」を客観的に見て、考えている自分がいます。 今後もより良いレッスンに努めて、パンクしないように向上していきます。改めまして本年もよろしくお願い致します。

「今」習い事に通う意味。

当レッスンにお越しいただいている会員様には、逆上がりに取り組んでいる子。
バク転を完成させたい子。
跳び箱の○段を跳びたい子。
縄跳びの前跳びを頑張っている子。
※もちろん、他にもたくさんがんばっています。

それぞれ内容を日々取り組んでいます。

当レッスンでは「技術を習得」したら終わりでありません。

改めて、

みつ先生のレッスンに通ってくれている子ども達へ。

教室に来たら元気に「こんにちは!」。帰るときは「さようなら!」が言えるよね。

靴を揃えること、下駄箱にきれいに入れることができるよね。

友達に「ありがとう」「ごめんね」が言えるよね。

順番を待つ、お話を聞く際の良い姿勢ができるよね。

「今」レッスンでがんばっていることは、みんなが数年後、大人になったときにも、発揮して活躍できると信じています。

体育教室、運動療育教室、パルクール教室、女子サッカークラブでの技術向上はもちろん、「あそべる子」、「社会貢献ができる子」など、レッスンを通して引き続き育んでいきたいと考えています。

女子サッカー小学生コース【SKIP FC  Girls】

とても有り難いことに、年明けの1月10日、スキップ女子サッカークラブ【SKIP FC Girls】ワンコイン体験レッスンを開催する事になりました。幼児(年中さん、年長さん)、小学生対象の女子サッカークラブです。岐阜県の中濃地域で活動を予定しています。

「SKIP」は、弊社スポーツファクトリースキップのSKIPです。

2010年の女子ワールドカップにて、日本チーム(なでしこジャパン)が優勝しました。その時の熱狂は今でも覚えています。あれから10年。子ども達の環境は変わり、「習い事」も色々な分野が増えてきました。

スキップは幼児体育、児童体育、運動療育を徹底して取り組んでいます。弊社の信念でもある、子ども達の「あそびの力」を伸ばし続けていきたいこと。それをサッカーを通して伝え続けていきます。

「サッカーのレッスンだけではない」SKIPの女子サッカークラブです。

今後ともよろしくお願いいたします。

□SKIP FC Girls ワンコイン体験レッスン

□2022年1月10日(月、祝日)9:10〜10:10

□岐阜県可児市 下恵土地区センター

□参加費 500円

□幼児(年中さん、年長さん)〜小学生の女の子

※その他詳細は、Instagram(SKIP FC  Girlsと検索お願いします)

※または後日、弊社ホームページに掲載します。

21-09-04-09-41-36-571_deco



動画が先生?

今のご時世の背景もあり、お子さんがみえるご家庭にトランポリン、鉄棒、など大型の運動器具を持っている方が増えてきたな思います。

「トランポリンでたくさんあそんで体幹が強くなりました。」
「先生、家の鉄棒で何かできることはありませんか?」

このようなお話を保護者の皆様から多くいただいています。私もお子さんのさらなるあそびの力向上のため、その子に合ったアドバイスをさせていただいています。

また、先日このようなお話を聞く機会がありました。

「保育園の運動会で逆上がりを行うため、鉄棒を購入。動画サイトを見て練習してできるようになった。」

もちろん、ご家庭での練習、親子での努力。動画も適切なポイントを抑えるとできる内容を展開していたことと思います。

そこでようやく題名についての内容ですが、動画を先生とすることのメリット、デメリットを考えさせられました。

メリットは、先程も記した通り、適切なポイントを教えてくれる。何度も見本を見ることができる。色々なやり方を探すことができる。など。

デメリットという表現が合っているかわかりませんが・・動画の先生は、お子さんの様子を見て声掛けをすることができません。できた瞬間も一緒になって喜び、褒めてくれることもありません。

お子さんが運動会で「逆上がりができれば」良いのでしょうか。

逆上がりまでの取り組み。園内でも、先生やお友達とあそびの中で行い、たくさんのやりとりをしていることもあるでしょう。ご家庭でも「きょうはね・・」と話を聞き、「がんばってるね」とお子さんへの声掛けをすることもあると思います。

「できた」でゴールではありません。「できない」で終わりでもありません。一つの内容に対して、たくさんの出来事を経験すること。たくさんの人と関わること。それが子ども達の感情を育みます。

動画サイトは新しいことを教えてくれます。私達指導者は、お子さんの新しい姿を引き出せるように努めています。

さあ、今日も子ども達と一緒に過ごせる時間を大切に。いつもありがとうございます。 
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ