DSCPDC_0002_BURST20190408154243554














とある保育園での体育クラブにて。
跳び箱の2段を、両足ジャンプで跳び越えます。マットへ着地するまでの距離の感覚、跳躍力などが必要です。
1段、2段と設定しましたが、自分のやりたいところにチャレンジしていきます。

さあ、かっこよくジャンプできたかな?

題名の通り、自分が「跳び越すイメージ」ができているか?が大切なポイントです。
「と、遠い・・・。」「ここなら跳べるかも・・・。」色々な気持ちが出てくると思いますが、子ども達自ら選んでチャレンジしています。

環境設定を複数用意してあげることで、子ども達の気持ちにも余裕が出てきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。