とある体育クラブにて。跳び箱レッスンを行いました。プレジャートレーニングのひとつとして紹介いたします。
2段の跳び箱を3つ置いて、思い思いに跳んでいきます。開脚跳びもOK。乗って跳び下りるのもOKです。

ひとつ、身体を巧みに動かしていくことを目的としています。「跳び箱は開脚跳びをするもの」と考えずに、あそびとして取り入れることがスキップが考えるプレジャートレーニングです。子ども達が思い思いに身体を動かしていくことで、自らのバランス感覚や巧緻性なども養うことができます。そして動きを見たうえで、「こうするともっとかっこいいかもよ?」と私たちがアドバイスしていく。子ども達も無理なく、運動あそびに取り組むことができます。

跳び箱を使ったプレジャートレーニングもまだまだあります。また紹介していきますね。
Point Blur_20190415_193743