担当する保育園さんでの体操教室にて。今回は「ケンケンジャンケン」について。(以後カタカナが多くなりすみません・・。)

ケンケンにはリズム感覚、バランス感覚などとても大切な要素が詰まっています。幼児期の運動あそびにはたくさん取り入れています。これにジャンケンを組み合わせることによって、何が起こるのでしょうか?

①ケンケンとジャンケンのリズムを合わせにくい。
②ジャンケンの最中にケンケンが維持できない。

大きくこの2つの姿が子ども達から見受けられました。もちろんみんな楽しんで取り組んでいました。ケンケンでバランスを崩してしまうことも、子ども達にとっては楽しい時間となります。これは決して運動あそびができていない。ということではなく、あそびとしての経験が足りていないだけと考えています。

引き続き体操教室だからこそできる、スキップが考えるプレジャートレーニングをみつ先生なりにアレンジをして、どんどん提供していきたいと思います。