Thank you always(みつ先生のブログ)

スポーツファクトリースキップの、みつ先生です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

子ども達の魔法の言葉

この言葉のおかげです。

DSC_1404
とある体育教室にて。Hちゃんより、プレゼントをいただきました。自身が書いた文字を見るととても有り難く思います。「ありがとう」は、人を元気にする素敵な言葉です。この一言があれば、幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。
仕事でも後輩に頼んでそのまま・・。では、信頼関係も育めません。「ありがとう」の言葉を添えるだけでも、変わってくると思います。

いつも皆と体操できることに、ありがとう。


「みつ先生、〇〇歌って~。」

保育園レッスン後、年長さんの子ども達との会話です。

子「みつせんせい、ドラゴンボールしってる?」

「うん。知ってるよ!」

子「うたって~。」

「つかもうぜ♪・・・」(ドラゴンボールは歌えて当たり前?)

子「みつせんせい、プリキュアもうたって~。」

「パペピプペ・・・」(娘と一緒にみているので、多少歌えます。)

子「ファントミラージュもうたって~。」

「じゃんけんじゃんけん♪」(娘と一緒にハマっているので歌えます。)

子ども達が好きなものを一緒に共有すると、話が広がるのでとても興味深いです。
さあ、時間を見つけてテレビアニメを観ようかな。


赤い服は・・・。

保育園レッスンにて。体育備品準備のため2階のホールへ行く途中に、年長さんのRちゃんから、

「あ、みつせんせい!」
み「おはよう!なーに?」
「その あかい ふく、かーぷ やん!」
み「今日も勝てるかなー?」
「かつよ!」

Rちゃんにとって「赤」=「広島東洋カープ」だったんですね。(ファンだそうです。)

例えば、私もレッスン時にカラーマットを使うときには、「赤」は「いちごマット」など、イメージしやすいように伝えています。色から物や道具につなげていくこと。意識していきたいことのひとつです。

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ