Thank you always(みつ先生のブログ)

スポーツファクトリースキップの、みつ先生です。 体育レッスン、運動療育レッスンを通して子ども達とふれあっています。

プレジャートレーニング

スキップ 夏休み特別企画


この夏も子ども達に元気に過ごしてほしい!との思いから、スキップ名古屋会場プレジャーアリーナにて、特別企画を開催します。岐阜会場でレッスンをしている会員様も受講可能ですのでお気軽に問い合わせくださいね。


①親子チャレンジ!ヨーヨー編
https://www.sf-skip.com/ev-challenge/index.htm

②夏休み限定!短期レッスン 幼児パルクールコース&小学生以上レベルアップコース
https://www.sf-skip.com/ev-shortlesson/index.htm

③夏休み宿題大作戦!スキップで1日でおわらせちゃおう!
https://www.sf-skip.com/ev-homework/index.htm

④ブレイブボード 3DAYS
https://www.sf-skip.com/ev-braveboard/index.htm

①〜④全て、6月1日火曜日 10:00 受付開始です。

⚠️上記、各URLの弊社ホームページ内より、申し込みをお待ちしております。

春休み企画も内容によっては即日満員御礼となりました。ありがとうございます。
皆様の問い合わせをお待ちしておりますし。

ブランコを使った、逆上がりレッスン!?

スキップのプレジャートレーニングを紹介いたします。(ふれあい日記では数多く出しています。そちらもどうぞ!)今回は、逆上がり習得のために、ブランコを使ったレッスンです。

DSC_1282
 
↑ブランコに乗って、前に置いてあるボールをキックします。写真のように、足がしっかり伸びていることがポイントです。逆上がりは、蹴り上げの際に「足を伸ばす」ことが大切です。

そしてボールを見ることで、頭が仰け反らないようにします。

鉄棒で逆上がりの練習、補助ばかりでは子ども達も飽きてしまう・・

そのようなことにならないように、子ども達があそび込み、なおスムーズに逆上がりに移行していくために、スキップのプレジャートレーニングをたくさん行います。 

※有難いことに、満員御礼となっている会場がございます。随時ホームページのチェックをお願いします。 

スキップのパルクールレッスンについて。

スポーツファクトリースキップが行なう「パルクールコース」は、名古屋会場(プレジャーアリーナ)と岐阜可児会場(下恵土地区センター)があります。

最近は有り難いことに問い合わせも多々あり、「SNSなどで動画を見て、憧れて・・・」「かっこいい技がやりたい(教えてほしい)」などの内容をお聞きします。

体験レッスンに参加いただく皆様には、まず最初に「いきなり、SNS等で見ていた内容は行いません。」とお伝えしています。

怪我につながる恐れがあることから、しっかり話や説明を聞き、約束を守ること。基礎を十分に行い習得した上で、応用に取り組むこと。を大前提としています。体験レッスン後に保護者様へスキップが考えるパルクールコースの内容を十分に把握、お子さんの現在の力、今後の展開をしっかりご理解いただき、入会検討のお話をしています。

決してハイレベルな内容で、技を習得するだけのレッスンではありません。体育レッスン同様にスキップが考えるプレジャートレーニングを十分に取り入れて、レッスンを進めています。 

現在レッスンは春休み期間ですが、4月も名古屋会場、岐阜可児会場ともに、たくさんの子ども達とレッスンできることを楽しみにしています。

運動あそびは無限大。

担当させていただいている保育園さんにて。

このマットを使ってレッスンを進めていきました。クッションになっており、色、マークなど、私が使う備品の中でも上位にくるものです。

このマットを主に使用して、あそび方法を展開する。あそび方は無限大です。レッスン後の子ども達の「まだやりたい〜」「楽しかった〜」が励みになります。

例えばボール、鉄棒、トランポリン。これらを使用してどんなあそび方が考えられるでしょうか。

器具ひとつからあそびを考える。それを運動あそびの力に変えて、たくさん展開して、あそび込む。これがプレジャートレーニングの考え方のひとつです。

DSC_0080
 

サッカーリフティング。蹴り上げの第一歩。

サッカーのリフティング。
経験者であれば回数を増やす、技を練習してみる、プロの真似をする・・。などが考えられます。

実際にレッスンでは、「サッカーがうまくなるように!」を深く考えずに、運動あそびの力をつける意味で取り入れています。

こちらは、足が入る程度にマットを置き、その上にボールを置いています。このようにすると、「蹴り上げ」がうまくできるようになります。実際に地面では、最初は難しいですよね。

DSC_0734

実際に蹴り上げてみました。見事に障害物を通り越しています。

Point Blur_20200615_080355

このように、蹴り上げた後に自らキャッチすることもできます。

Point Blur_20200615_080340

運動あそびの力をつけることで、体育、スポーツにもつながっていきます。今後も色々なプレジャートレーニングを紹介していきます。
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ